何でもリトアニア from スウェーデン


by traku7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
この日はリトアニア第二の都市カウナスを訪れた。ビリニュスとカウナスの距離は約100kmで鉄道やバスも頻繁に運行されているが、カウナスに到着してからの足を考えると車の方が便がよいと判断したため、リトアニアで初のレンタカーに挑戦した。

今回は、第9要塞博物館(Devinto forto muziejus)訪れるのが最大の目的で、結局時間が無くなってしまったのでカウナスの旧市街散策は次回へのお預けとなってしまった。

で、そもそも第9要塞とはなんぞやかというと、19世紀の終わり頃当時のロシアの皇帝が対西側への防衛のために建てた第9番目の要塞。よって、第9要塞と呼ばれる。第二次世界大戦中ナチスの支配下にあった時代にはユダヤ人の強制収容所として使われ、リトアニアのみならずフランス、ドイツなどからもユダヤ人が運ばれ約3万人がここで命を落としたとされている。


c0025346_6314787.jpgおまけの一枚。カウナスの顔の一つとして、

カウナス城。

カウナス市内での観光はこれだけ。


では、第9要塞へ
[PR]
# by traku7 | 2007-08-01 06:17 | リトアニア再訪 2007年度夏版

リトアニア滞在2日目

二日目のこの日は夫と二人でビリニュス近郊の巨大ショッピングモール、アクロポリス探検から開始。

c0025346_5103098.jpgまずは朝10時ごろのビリニュス鉄道駅前の様子。ここから市内バス、トローリーバス、ミニバスを使ってビリニュス市内どこへでも移動可能。アクロポリスへはミニバスか市内バスで。

けど、アクロポリスは高い!激安を期待していったのに、かばん、靴、洋服などの値段はスウェーデンと同じかそれ以上!よって、たいした収穫も無くさっさと市内に戻ってくる。


そして、その後は旧市街散策。

c0025346_5135645.jpg駅から徒歩で7分くらいのところにある暁の門(Aušros vartai)。かつてビリニュスの旧市街を囲っていた城壁の4つあった門のうち現存する唯一の門。


さあこの先は…
[PR]
# by traku7 | 2007-07-31 05:08 | リトアニア再訪 2007年度夏版

リトアニアへ

今年の夏の休暇はリトアニアへ。相も変わらずと言いたいところだけど、リトアニアは変わり続けている。ここでは私の見たリトアニアの記録を写真とともに。


渡航に使ったのは一番早い空の便。でも、直行便となるとストックホルムからリトアニアの首都ビリニュスの便は限られているので、やむを得ずSASで飛ぶ。

c0025346_1342678.jpgただ今搭乗中。ストックホルム‐ビリニュス間のフライトは2時間。提携しているAir Baltic との共同運航だけど欧州線機内食有料のSASのポリシーはここでも実行されていた。最初は機内で誰が買うかと思っていたけど、有料の機内食がどんな味がするのか興味が湧いて結局スープを買ってしまう。でも、粉末コンソメスープ5リタス(≒14Kr≒¥250)は高いよ。


早朝の便だったので、ビリニュスには正午前に到着。空港から市内への移動に最初はタクシーを使おうと思って値段を聞いてみたら普通なら25リタス(≒70Kr)位の値段なのに40リタス(≒110Kr≒¥2000)と旅行者特別料金を提示されたので、あっさり片道ひとり1,4リタス(≒4Kr)の市内行きバスに切り替える。

それからホテルに直行
[PR]
# by traku7 | 2007-07-30 01:22 | リトアニア再訪 2007年度夏版

今年の夏はリトアニア

仕事の休みを取ってあるのでリトアニアに行ってきます。

たった1週間の滞在だけど親友や友人や知人にも会う予定なのでお土産選定で週末1日つぶれそうです。

皆に会って、美味しいリトアニア料理を食べて、街を散策して、写真をわんさか撮って、思い出に浸りつつ変わり続けるリトアニアを見て来ようと思います。

Iki!
[PR]
# by traku7 | 2007-07-28 08:23 | リトアニア再訪 2007年度夏版
本日スウェーデンでは夏至祭です。皆さんごっそり食物を買い込んで、飲めや食えやの大騒ぎをしております。一方我が家では今年の夏至祭はリトアニア料理で祝おうということで、夏によく合う冷製のレッドビートスープを作ってみました。

c0025346_5164218.jpg


暑い夏には最適のこの冷製スープは茹でたてのホカホカのじゃがいもと一緒に頂きます。ピンク色なので最初はドキッとしますが、赤カブの天然色なので着色料は使ってません。酸味の有るサワーミルクをベースにキュウリと赤カブですっきりした仕上がりになります。是非お試しあれ。

豆知識:
この料理名のŠaltibarščiai (シャルティ・バルシュチャイ)のŠalti は『冷たい、冷製』を意味し、barščiai はあのロシア料理で有名なボルシチ(beetroot and cabbage soup)から来ています。つまり、冷たいボルシチという名のリトアニア料理なのでした。

作り方
[PR]
# by traku7 | 2007-06-22 04:37 | リトアニアつまみ食い