何でもリトアニア from スウェーデン


by traku7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:バルチックな薫り( 19 )

c0025346_225566.jpg

イースター後初のリトアニア語の授業でした。これはラトビア語の先生が差し入れしてくれたラトビア風キャラメルです。 Gotiņa というのはラトビア語で牛と言う意味ですが、これはミルククリームを茶色くなるまで煮詰めて固めたものだそうです。リトアニアでは Karvutės と呼ばれているようです。この包装の仕方がいかにもバルチックです。ロシアにもあるようですが。

この Karvutės を食べながら仕事で疲れた後のリトアニア語の授業でちょっと一息。血糖値も上がってエネルギー補充できました。
[PR]
by traku7 | 2009-04-23 02:15 | バルチックな薫り

Velykos - イースター

c0025346_23361236.jpg
※この写真はLietuvos Rytasからお借りしたものです。ここまで来るともう芸術品です。

ヨーロッパではイースター休暇に突入しました。この期間、主役はなんと言ってもたまごですが、リトアニアでもたまごはイースターに欠かせません。

リトアニアではこの時期たまごに色付けをする習慣があります。各家庭でするものから芸術的アートと呼べるものまで色々です。私もリトアニアに滞在していたときに挑戦したことがあります。はっきりとは覚えていないんですが、何かの薬品を模様付けて煮たら模様になっていた記憶があります。

また、このたまごの遊び方として、本などを斜めにしてその下に支えを置き簡単な坂をつくり、自分のたまごを頂上から転がして別の人の卵にぶつけ、最後まで無傷で残ったものが勝ちと言うような遊びもあります。

c0025346_1772872.jpg

これはリトアニアの友人がくれたもので、ちょっと変わったイースターエッグ。麻糸や琥珀などで表面をデコレーションしてあります。

スウェーデンのイースターは?
[PR]
by traku7 | 2009-04-10 23:24 | バルチックな薫り

2009年春学期開始!

ストックホルムは現在マイナス1度。
私は寒いのが好きなので、これくらいならまだ温いくらいです。


あっという間に今年も1ヶ月過ぎてしまいましたね。1月末からストックホルム大学でのリトアニア語III後期が始まりました。今期はリトアニア古典文学講読、語形論、そして統語論です。リトアニア古典文学はネットで読めるんですよ。因みにリンクはここ

現在読んでいるのは Jonas Biliūkas の Liūdna Pasaka。28歳で結核で早死にした作家の田舎での療養中の様子が色々な思いを張り巡らせながら美しい描写で書かれています。何せ100年も前にかかれたものなのでリトアニア語自体が古い形態の上に、方言も混ざっているのでいきなり読み出しても分かりにくいのが本音です。でも、事前に彼のバックグラウンドも把握しておくと理解しやすくなります。


個人的には1月にダブルことなく無事カロリンスカを卒業し、ストックホルム市内の病院の病棟で働いております。こんな出だしの2009年ですが、今年もよろしくお願いしますね。
[PR]
by traku7 | 2009-02-04 17:37 | バルチックな薫り

Gruodis- 12月

もうすぐ今年1年も終わりですね。早いなあ。毎年毎年1年が短くなっていく気がします。
そして、今年はスウェーデンに来て8回目の越冬となります。あっ、でもそのうち1回はリトアニアでお正月を迎えました。それにしても、ここ数年クリスマスに雪が降りませんね。私が来た当事は結構ストックホルムでも降ってたんですけどね。なんて書いているうちに外では少し雪が降り始めてました。今年はホワイトクリスマスになるかな。

スウェーデンやフィンランドでは11月30日に一番近い日曜日から毎週1本ずつろうそくを点けていったり、アドベントカレンダーと言うチョコ入りのカレンダーを毎日1日ずつ開けて中のチョコを食べていったりするんですが、リトアニアではやった記憶が無いな。どうだったっけ?

もうそろそろいい加減にリトアニアの友人たちにクリスマスカードを書いて送らないとな…
[PR]
by traku7 | 2008-12-08 07:11 | バルチックな薫り

Vaiduoklio pilis

Kai aš aplankiau Häringe pilį prieš šešerus metus, aš su savo buvusiu draugu mačiau bilduką. Buvo gražus vasaros oras ir mes susitarėme ir nusprendėme važiuoti mašina ir aplankėmė pilį.

c0025346_253456.jpgHäringės pilis yra pietų Stokholme, gana sena, ir daugų vaiduoklių matomi ten. Häringės pilis dirba kaip viešbutis. Galima gyventi ir maudytis lauko baseine, jeigu norite. Ten yra ir seniausias medimis boulingo takelis Švedijoje. Garsi švedų aktorė Greta Garbo gyveno vienam kambaryje pilyje ir jos kambarys yra ten dabar. Mes planavome tik gerti kavos prie baseino kieme, bet gavome informaciją, kad jie turi ekskursiją po pilį.

Mes sudarėme su kitais žmonėmis grupę ir vaikštinėjome po pilį. Ten yra daug kambarių su savo istorija. Pasakojimas buvo švediškai ir tada aš nelabai gerai supratau švedų kalbos. Po ekskursijos vadovė sakė man, kad ji galėtų dar kartą papasakoti angliškai. Mes ėjome greitai tą patį kelią ir ji aiškino angliškai. Šią kartą buvau tik aš, vadovė ir mano eksas. Kai mes buvome viename kambaryje, kuris vadinasi Kinijos Kambarys, girdėjome garsą. Mes ieškojome iš kur garsas ateina. Tada mes pamatėme, kad didelė liustra kambario viduryje judėjo aukštyn ir žemyn. Visi langai buvo uždaryti ir kambaryje negalėjo būti jokio vėjo. Aš pajutau žemės drebėjimą, bet mano eksas nepajutė žemės drebėjimo. Jis matė, kad liustra atrodo tei šviesus, tei tamsus. Vadovė sakė, „negalvok kas tai yra!“ . Kažkada tei buvo šeimininkės kambarys. Jos paveikslas kabojo sienoje, ir ji žiūrėjo į mus už liustrą, kai tai atsitiko.

c0025346_212878.jpg

[PR]
by traku7 | 2008-11-04 02:08 | バルチックな薫り

Baltiska Realia

今学期はリトアニア語III(リトアニア語3ターム目・中級)のほかにバルト事情も取ってます。リトアニア語を続けたかったらバルト事情も本当は2ターム目までに終わらせていなければならないようで、教授から『バルト事情も取らないとリトアニア語継続できないよ』と言われてしまったためです。バルト事情は前々から興味があったんですが、なにせ2大学並行で時間が無かったので伸ばし伸ばしにしていたらここでしわ寄せが来てしまいました。でも、不思議と何とかなってます。

全5回の授業があるのですが、2回目は王立図書館で司書のK氏を講師に実際に貴重な数百年前の文献(辞書、新聞、百科事典もどき等)、を目にすることができました。あまりに貴重なので触らせてもらえませんでしたが。

バルトの歴史は1900年代に入ってからフォーカスされることがほとんどなんですが、バルト諸国を本当に知りたいなら、当たり前ですがそれ以前の歴史も見る必要があります。ざっと見るだけでもソ連の侵攻やナチスの支配以前とはその土地に住んでいる人々のデモグラフィーがかなりことなります。歴史的事情により国外から影響され都市が発展し、人々が移動しそれに伴って使用される言葉も多様化しながら変化していくバルト諸国の様子は大変興味深いものでした。
[PR]
by traku7 | 2008-09-24 15:58 | バルチックな薫り
今週の火曜日にあったリトアニア語IIの期末試験を持って今学期のリトアニア語は全て終了しました。リトアニア語Iの時と大幅に違って文法穴埋め等の問題は一切なく、全て読解と作文でした(汗)。リトアニア語Iで習った基礎を応用するのがリトアニア語IIなので当然といえば当然の試験形態なのかもしれないのですが、先生が見直しておくようにと言っていた箇所が一つも出ていないんですけど。意表をついて真のリトアニア語能力を測ろうという先生の思惑だったんでしょうか。

他にカロリンスカの方も水曜日のセミナーをもって今学期の学業は全て修了しました。2大学掛け持ちだったので脳、身体共に疲れた一学期でした。私は元来辛党なのですが、疲れたときは身体への糖分供給が効くというわけで、めずらしく甘いものへ走ってみました。

c0025346_2248599.jpg

Karūnaチョコ。リトアニアの代表的チョコブランド。先日リトアニアの友人たちが遊びに来たときお土産にくれました。リトアニアの人々は国民的にダークチョコを好む傾向があるのですが、今回のチョイスも迷いなくダークチョコでした。

とうとうロシアモノに走る…
[PR]
by traku7 | 2008-05-31 02:18 | バルチックな薫り

独逸より来客中

ただいまドイツに留学中のリトアニア人の友人のGくんが友人のJさんと我が家に滞在中です。二十歳そこそこと彼らはヤング(←わざとこんな死語を使ってみる)なので、まあ、よく歩く歩く。おとといストックホルム市内をくまなく散策した折には万歩計2万4千歩いきましたよ。

そして、今日はストックホルム大学のバルト研究所にリトアニアのヴィトウタス・マグヌス大学のB教授がリトアニアの歴史に関する特別講演の為に来られました。リトアニア近隣諸国から見たリトアニアに関する解釈が面白かったです。例えば、リトアニアは欧州で一番最後にキリスト教化されポーランドに統合されていた時期があったんですが、ポーランドの歴史家によればかなり野蛮人扱いされていたようで、人と見られたければリトアニア語ではなくポーランド語を話すべきと言う時代もあったり、また、ロシアの解釈ではソ連はバルト諸国を占領したのではなく数百年前はスウェーデンからの侵略を防ぐために、そして、第2次世界大戦中はナチスの占領から救うためだったとのこと。そして、スターリンはグルジア人、ブレジネフはウクライナ人。よって旧ソ連の侵略・統治うんぬんをいうならロシアではなくグルジアやウクライナを非難せよと言った某元ロシア大統領もいるらしいんですって。

こんな話はロシア人がリトアニア人に語ったらヒンシュクものでしょうけど、リトアニア人の教授から聞いたので苦笑いで済みました。この講義の後は皆でB教授を囲んでパーティーでした。ラトビア産、リトアニア産、ロシア産のチーズやサラミがおつまみに出る中、どれがどこ産か肝心なことが分からなくなり、一番美味しいのがリトアニア産だということになり、結局全種類食しましたよ。参加者のマジョリティはリトアニア人だったので、久々にリトアニア語漬けとなりました。
[PR]
by traku7 | 2008-05-14 22:25 | バルチックな薫り

独逸より来客

現在ドイツに留学中の10年来の付き合いのあるリトアニア人のGくんから、来月突然遊びに来ると連絡がありました。去年リトアニアに私たちが遊びに行ったときはたまたま運が悪く会えなかったんですが、今回、休みを取ってきてくれる運びとなりました。

Gくんとはじめてあった時彼はまだ11歳。私の親友のEの従兄弟3兄弟の真ん中というのが出会いのきっかけでした。あの当時の彼は英語も話せなかったし、社交ダンスなぞしている線の細い可憐な少年で、年の離れた可愛い弟のような存在だったんですが(実弟が堅物なのでよけい)、今では身長2m弱、ドイツに留学して、5ヶ国語も平気で出来て、国外に自分の意思で国外旅行ができるほどに成長したなんて不思議な感じです。その上、日本語まで始めたそうで、ちょっとでも日本に興味を持ってくれているのはうれしい次第です。

もうチケット取っちゃったとかなりエキサイトした連絡が来たので、私もわくわくしてます。実はGくん女友達同伴で来ると言ってるんですが、ホントは彼女じゃないの?と勘ぐってます。まあ、どちらにせよ、温かく見守ってあげる心積もりは出来てますよ。
[PR]
by traku7 | 2008-04-19 08:45 | バルチックな薫り

今年のイースター

Per velykas pradėjo snigti Stokholme, bet nebuvo daug sniegų
Uppsaloje.c0025346_3441151.jpg


Penktadienį mes važiavome į Uppsalą ir aplankėme Dombažnyčią. Gaila, mums įėjus, choras pabaigė dainuoti, bet mes galėjome pamatyti vidų. Ten buvo daug akmens karstų.
c0025346_346151.jpg

Šeštadienį namuose mes kepėme cinamonobandelių. Namie keptos bandelės yra skaniausios. Mes paragavome bandelių ir likusias įsaldėme.

Sekmadienį mes važiavome į didelį kino teatrą prie IKEA parduotuvės ir matėme filmą kuris vadinasi The Spiderwick Chronicles. Šis filmas yra vaikams, bet tai buvo įdomu ir suaugusiems.

Per velykas aš pataisiau darbą apie reumatismą po oponento/respondento pastabų. Egzaminuotoja rašė, kad mano darbas buvo geras su tinkamu tikslu ir moksliniu metodu, bet man reikėjo sudėti daugiau teksto į rezultato svarstymo dalį, todėl kad ji buvo pertrumpa. Darbas parašytas angliškai, o ne švediškai. Aš jau esu pabaigusi ir siųnčiau šitą.
[PR]
by traku7 | 2008-03-24 03:41 | バルチックな薫り