何でもリトアニア from スウェーデン


by traku7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Books( 5 )

旧ソ連の統治下で合計で数十万人に上るバルト3国の一般市民が強制収容所やシベリアに送られました。シベリアに送られたラトビア人の両親の元に生まれた著者のサンドラ・カルニエテは彼女の両親、祖父母の一人一人がどのような経緯でシベリアに送られ、どのような人生を送ったかをその当時の社会情勢と照らし合わせながら詳細に綴っています。

c0025346_7331027.jpg著者:Sandra Kalniete
2001年
ラトビア

著者カルニエテの母親は家が少し裕福だったため反社会分子とみなされ、両親と共に秘密警察に捕らえられ、その後父親は強制収容所へ送られ、彼女は母親と共にシベリア送りとなりました。難を逃れた彼女の兄弟たちと再会するまで約50年近くの歳月がながれました。一方、著者の父方の祖父は俗に言うパルティザンのメンバーで、そのために著者の父親と父方の祖母はシベリア送りとなってしまいました。そこで出会った両親の元にクラニエテはシベリアに1952年に生を受けました。

シベリアでの生活は厳しく、食料の配給はわずかで飢え死に寸前、衣服も靴もまともなものはなく、海外に住む親戚からの救援物資も制限され、少しその土地に慣れたかと思ったらまた次の土地へ移送されるという肉体的にも精神的にも過酷なものでした。タイトルの With dancing shoes in Siberian snows はカルニエテの母親がシベリアに送られたときに唯一持っていた靴から来ています。カルニエテの4人の祖父母のうちシベリアから生還したのは父方の祖母のみ。母方の祖父に限っては旧ソ連に彼の消息を尋ねるも明確な返事がなく、戦後数十年たってやっとどこでいつどのような最期を遂げたのか明らかにできたほど、旧ソ連の態度は非協力的でずさんなものでした。

著者カルニエテはこの著書の中でシベリア送りになってしまったために、本来あるべき人生を歩めなかった人々の憤りを代弁し、過酷な運命を強いられた民族への世界の無関心に対する静かな抗議をもしています。現在カルニエテは欧州委員会のラトビア代表も勤めていたこともあるラトビアの政治家です。

原作はラトビア語で、タイトルは Ar balles kurpēm Sibīrijas sniegos です。残念ながら日本語訳はまだ出ていないようですが、英語訳では With dancing shoes in Siberian snows と言うタイトルで翻訳されています。スウェーデン語では Med högklackade skor i Sibiriens snö と言うタイトルで翻訳され、私が読んだのもスウェーデン語翻訳です。
[PR]
by traku7 | 2008-11-15 08:41 | Books
クリスマスのシーズンですが、さっそくリトアニアの親友からクリスマスカードと本が届きました。

c0025346_2282033.jpg


原題はリトアニア語で Septinyolika pasimatymų VILNIUJE 、英語訳だと Seventeen Rendezvous In Vilnius

リトアニアの首都ヴィリニュスのメジャースポットを集めて解説したもので、大聖堂広場、ヴィリニュス大学、聖オナ教会、さらにはヴィリニュスのモンマルトルと呼ばれるウジュピス地区まで豊富なカラー写真と分かりやすい文章で紹介しています。しかもマッピング付なのでガイドブックとしても使えますね。


c0025346_2325224.jpg
かつて私がリトアニア語を1年間学んだヴィリニュス大学のぺージ。

リトアニア語のほかに英語、仏語、独語とポーランド語版もあるのですが、この本を贈ってくれた親友によると私がリトアニア語を忘れないようにとあえてリトアニア語版を選んでくれたようです。読んでみたら思ったよりもリトアニア語が分かるので自分のリトアニア語能力もまだ大丈夫なようです。

Toliau...(further)
[PR]
by traku7 | 2006-12-06 16:46 | Books

Vilnius - förlorat Jerusalem

今週末はEasterです。週末をはさんで5日間休みなのですが、あと数週間でまた試験だし勉強地獄なのは変わりません(とほほ)。今期もすでに半分終わりで、前半の試験2本は問題なく通ったので後半も一発狙いで行きたいと思います。スウェーデンの大学は数科目同時並行ではなく、一科目を数週間で終わらせて次にいきます。なので数週間ごとに試験がやってくるのです。

まっ、それはさておき、書店でリトアニア関係の興味深い本を見つけたので今日はそちらをご紹介します。


c0025346_5244698.jpg


Vilnius - förlorat Jerusalem Röster om Förintelsen i Litauen

「ビリニュス 失われたエルサレム リトアニア・絶滅の声」

Böjrn Moback 著 

2005年、 Arcusforlag 社



スウェーデンイエテボリの高校の教師でありジャーナリストでもある著者が、2001年から2004年の間に訪れたビリニュスの訪問記録の集成。現在は観光地化されているリトアニアの首都ビリニュスがかつては東欧のエルサレムと呼ばれていた事実に迫る。

第2次世界大戦中までユダヤ人文化で栄えていたビリニュス旧市街地区は、ナチスによりゲットーに変えられ、ビリニュス中ののユダヤ人が押し込められ、やがてパネリアイの森で虐殺された。重い歴史があるにもかかわらずあまり表に出てこない体験者に直接インタビューし、その声をまとめたのがこの本である。




かつて私もビリニュスの旧市街に住んでいたせいか、ビリニュスのもう一つの顔である埋もれたユダヤの歴史に非常に惹かれるものがあります。ビリニュスのユダヤの歴史や虐殺のファクトをを扱った本は簡単に見つかりますが、それに対し体験者の生の声を集めたこの書はリトアニアのユダヤの歴史への別なアプローチをもたらしてくれました。


※ 原書はスウェーデン語です。
[PR]
by traku7 | 2006-04-14 06:29 | Books
c0025346_18334161.jpg


リトアニアの首都ビリニュスの過去と現在の姿を収めた写真集。リトアニア語と英語の対訳になっています。





Vokieciu Street and neighbouring areas
写真右側の本には第二次世界大戦中ユダヤ人ゲット-のあったヴォケチゥ通りとその近辺の写真がおさめられています。当時からの建物は多く残っていますが、今は綺麗に改装されて昔ユダヤ人ゲット-であったことを連想するのは難いのですが、この写真集には同じ風景の別世界を垣間見ることができます。

Uzupis and neighbouring areas
左側は旧市街のちょっと外れを流れるVilna川の向こう側の地域の写真が収められたもの。因みにUzupisとはリトアニア語で川向こうと言う意味で、ソ連時代にも改革の手がつけられずにそのまま放っておかれたため、古きよきヴィリニュスの姿が現在も残っています。

2冊とも過去と現在を比較するように多くの写真が載っていて、「ああ、こんなに変わったのね」と時代の移り変わりを目で見て感じます。特に、自分でも思いたる景色があると、自分がその場にいた時のことを思い出してちょっとノスタルジックに浸ります。
[PR]
by traku7 | 2005-06-09 19:01 | Books
c0025346_5455100.jpg
ラトビアに滞在10年を数える日本人女性によるラトビア考察。旧ソ連体制が崩壊し自由主義に移行して揺れ動くラトビアの様子を綴っています。

近代から現代にわたるラトビアの変遷がよく見えてきます。ラトビア人の国民性、歴史、民族の支えの歌、さらにはソ連崩壊後のラトビア国内のロシア人との葛藤及び政治のあり方等、著者の体験談も交えて語られる真のラトビアの姿がここにあります。

バルト3国と一くくりにされがちですが、この本を読んでラトビアの独自性が多少なりとも理解できてきたように思います。国民性一つとっても、隣の国リトアニアとも違うと分かりました。また、国民総人口の30%をロシア人が占めるため、対ロシア感情もリトアニアとラトビアとでは大きく異なります。現在のラトビアの姿を知りたい人に是非おすすめの一冊です。
[PR]
by traku7 | 2005-03-16 05:27 | Books