何でもリトアニア from スウェーデン


by traku7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リトアニア滞在7日目 最終日

c0025346_2305944.jpgとうとうリトアニア滞在も最終日。スウェーデンへの帰国便は夕方の6時発。友人のインガから彼女のアパートでお茶をしようとお誘いがあったので、ホテルで朝食を取りチェックアウトをしてから荷物を駅のコインロッカーに預けて彼女のアパートへ向かう。

写真はピリモ通りの小広場にあったタマゴのオブジェ。因みにリトアニアのイースターではこのように各家庭でタマゴに柄をつける風習がある。凝ったものだと芸術の域にたっした作品のよう。






c0025346_2373199.jpgまだまだ残る旧ソ連スタイルのアパート。

インガは新興住宅地区の高層アパートの最上階、つまり、ペントハウスに住んでいる。トローリバスで駅まで15分くらい。近くには映画館、ジム、大型スーパーなどがそろい生活の便は非常に良い所である。



c0025346_2411885.jpg彼女のアパートのバルコニーでお茶をすることに。近所のお勧めのケーキ店で買ってきてくれたリトアニアのスイーツをお茶うけに、彼女の仕事、私の学校と将来の展望、リトアニア経済についてなどについての話もでた。私の夫とはちょっとフィンランド語でも会話をしていた。

現在リトアニアの平均的月収は300ユーロ (≒4万9千円)前後らしい。そして、彼女の住む約50平米のペントハウスなら600 000リタス(≒3千万円)するらしい。そして、ビリニュスはさらに発展しているので彼女のようなよい立地条件で新しいアパートはどんどん値上がりしているとのこと。

インガは投資で彼女の近所に似たようなアパートを買っておいたら言っていたけど(不動産ころがしのススメ)、軽く手を出せる金額じゃないしね。今回来て感じたことは、外食や公共交通機関は安いけど、電化製品、靴、かばん、マンションの値段はスウェーデンと変わらないということ。


c0025346_324797.jpgインガとの写真はテーブル越しが多いな。これもご多分に漏れず。この写真はちょっとモディファイしてみた。

数時間インガ宅で楽しく過ごした後、私と夫はスウェーデンに帰国するためにインガのアパートを後にし飛行場へ向かった。


c0025346_3284538.jpg帰りの飛行機の窓からみたラトビアのVentspils港。スウェーデンのNynashamnとの間に船の便が就航している。

飛行機では2時間の旅。スウェーデンのストックホルムの我が家に着いてからもこの日の3時までビリニュスのインガ宅でお茶をしていたのがうそのようだった。



こうして、リトアニア旅行記おわり。(2007年9月28日)
[PR]
by traku7 | 2007-08-05 22:29 | リトアニア再訪 2007年度夏版