何でもリトアニア from スウェーデン


by traku7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リトアニア滞在6日目 トラカイ編

とうとうリトアニア滞在も6日目最後の丸一日フリーデー。この日はエディタの家族と我々でビリニュスから車で20kmほどの地にあるトラカイ (Trakai)へ車で小旅行へ行ってきた。トラカイは昔リトアニアの首都だった町で修復されたトラカイ城はリトアニアでも有数の観光スポットでもある。

天気が悪かったのは残念だけど、他は好調!

c0025346_2584391.jpg







c0025346_324644.jpgトラカイ城の中庭。ここ近年観光客が増えて切符を買うだけで2,30分待ったような気がする。しかも中庭に入ってから建物の中に入るのも行列に並ばなければならず、世界各国から来ている他の観光客にもみくちゃにされながらお城見学を開始。10年前に来た時はうちら以外観光客がいなく、貸切状態。館内を進むごとに係りの人が室内の電気をつけてくれたんだよね。


c0025346_394165.jpg修復前のトラカイ城の写真。フラッシュで光っちゃって残念。因みに、館内で写真を撮りたい人は別料金で4lt (≒200円)。コーヒーのミルク別料金といい、この辺のプライス設定になんとなくリトアニアのクセがみえるなあ。



c0025346_3265010.jpg
これはトラカイ城の全景模型。この他、トラカイ城の修復模様のCG映像は面白かった。トラカイ城は数百年前までは実際使用されていたけれど、コサックに徹底的に破壊されてから廃墟になってしまったらしい。普及作業によって近代こんな風に甦ったわけ。上の廃墟の写真は復旧前の様子。比較してみると全然違うね。


c0025346_3365817.jpg城内ではこんな急な螺旋階段がを下ったり (注:一方通行)、けっこう体力が必要。


c0025346_333229.jpgトラカイ城の外側はこのように散歩道になっていて、ここは入場券を買わずともお散歩可能。トラカイ城は湖の島に建っていて、夏場は遊泳も自由。私もリトアニア滞在時にオーストラリア人の同居人クリスと泳ぎに来たことがある。


そして、この後は待望のランチざます。

c0025346_3471299.jpg
さあ、これは何屋さんでしょう?


c0025346_35007.jpg答えは、キビナイ屋、その名もKibinine。これはトラカイ地方に住む少数民族のカライメイの料理。パイの中に肉の詰め物等が入っている。バリエーションは様々で、オリジナルはマトンだけど、ポーク、ビーフ、きのこ、コッテジチーズなどもある。
ビリニュスの普通のスーパーでも買えるけど、本場はやはりここトラカイ。2年半前に来た時は食べそびれたので、今度こそはとの執念でとうとう目的を達成 (涙・感激)!ここはお土産にお持ち帰りもOK。


c0025346_4433921.jpgトラカイ城の展示より、キビナイを発明したカライメイの人々。美味しい料理をありがとう。キビナイ大好き。

親友のエディタには現在3歳半の双子の男の子がいるんだけど、この子達がもうやんちゃ。車で移動中の時も時として騒ぎ始め、そうすると彼らの両親は『警察が来るよ!』と言って、黙らせていた。面白い教育だと思いつつ、3歳半で警察が逮捕しに来ると理解しているのもすごいんじゃないかと…そして、バイカーを見かけると全て『シーマスだ!』と大騒ぎ(シーマスはバイク乗り)。ついでに、この少年たち結構シャイな割には大人が団欒していると『もうすぐ出かけるよ~!』と私たちにフェイントをかけてくるのも面白かった。そこで、いそいそと移動の準備を始めるとエディタが『まだ出かけないわよ』と。数回ひっかかったけど。将来どんな子達に育つのか楽しみだわ~。

トラカイ観光の後はエディタの家に向かい、そのままお茶。実はうちのフィン人のオットと彼女たち一家との共通語は無しというわけで、どうなるか心配だったんだけど、さすがはもてなし上手のリトアニア人、男性陣はエディタの旦那さんがうちのオットとチェスを始め時々ウォッカで乾杯しながら楽しくやっていた。チェスと乾杯なら会話しなくても大丈夫だもんね。よかった、よかった。ついでに、うちのオットも滞在中にリトアニア語で『乾杯』、『ありがとう』、『美味しかったです』は言えるようになったよ。


そして、この後はシーマスの両親がガーデンバーベキューに招いてくれたのでエディタ一家と一緒にそっちへ移動。

c0025346_412958.jpg
花畑のなかの双子の少年たち。リトアニアでは自分の家のほかに別にガーデンを持つことが多く、夏場はよくガーデニングをしている。


c0025346_4164958.jpg
そして、そこにはこんな立派なサマーハウスが!


c0025346_421470.jpg綺麗な花々ばかりではなく、じゃがいも、にんじん、トマト、林檎などバーベキューをしながらフレッシュ野菜がその場で調達可能というのも嬉しい、美味しい。



こうして、6日目が終わり。
[PR]
by traku7 | 2007-08-04 02:51 | リトアニア再訪 2007年度夏版