何でもリトアニア from スウェーデン


by traku7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

クリスマス In Finland

2006年のクリスマスはフィンランドで過ごしましたが、ストックホルムのみならずフィンランドのタンペレも雪なしでした。


それでは、さっそく、クリスマスイブのディナーの図。
c0025346_0452267.jpg

相方のお母さんは料理上手でテーブルセッティングのセンスも抜群。Light Cola のフラスカが見えるけど、中身はコーラじゃなくて自家製ビールです。う~む、美味しかった。
食卓にはクリスマス名物の自家製ハム Kinkku (キンック)、レッドビートのサラダ、フィンランド産サーモン等が並んでいます。

スウェーデンでもクリスマスはハム (Skinka フィンカ) ですが、フィンランドのハムとの大きな違いはスウェ製は一度茹でた後オーブン焼きにしますが、フィンランド製は茹でずに焼くだけ。そのせいかフィンランドのハムの方が味がしますね。なので私個人的にはフィンランド製クリスマスハムに一票!



c0025346_111447.jpg

フィンランドのクリスマスディナーもう一つの顔、クリスマスボックス。
左上から時計回りにPerunalaatikko(じゃがいも) , Lanttolaatikko(Swedish turnip), Maksalaatikko (レバー), Porkkanalaatikko (にんじん)テイストのボックスたちと、陶器の器に入っているのはKarjalanpaisti と呼ばれるミートスープ。
これらはスウェーデンのクリスマスディナーにはないです。

c0025346_1192013.jpg

そして、Jäädyke と相方のお母さんに名づけられた、アイスクリームとババロアの中間のようなデザート。

今回のクリスマスディナーはシンプルにまとまって、でも、メインの料理はしっかり味わえるという、とても洗練されていて素敵なディナーでした。

それに、メインのハムはスウェモノより美味しいし、もし来年はスウェーデンでクリスマスを過ごすことになってもハムはフィンランド製法にします。



おまけの、フィンランド・クリスマス編
c0025346_1555916.jpg

最近タンペレ近郊のレンパーラにOPENした巨大ショッピングモール IDEAPARK。周遊9kmあるそうな。

c0025346_1591025.jpg

フィンランドといったらマリメッコ。Ideapark の中にも入ってます。クリスマスイブに行ったときは閉まってましたが、後日、ちゃんと開いてるときに来ましたよ~。

何せ巨大なので、ちょっとぶらっとしてお茶しただけで数時間経ってしまいます。とあるフードコーナーの一角はまるでディスニーランド。一階はスパーから食器、靴、服、レストランとあらゆるショップでひしめき、2階は全て家具。こんど広い家に引っ越したときのための家具を見て回りました。結局買ったのは ecco の冬物ブーツだけでしたが、一日中いても飽きないですね。また時間のあるときに来たいなぁ。

そして、フィンランドと言ったらコレ↓
c0025346_271045.jpg

家屋とは別の棟にあるサウナで汗をかき、毛穴から不純物を出して、お肌つるつる。


正味4日間のフィンランド滞在はあっという間に過ぎてしまいました。そして、前回の夏休み以来まったく1週間も勉強しなかったのは初めてのことで、おかげでリラックスできました。『いつでもウェルカムよ』と言ってくれる彼の両親にも感謝の言葉がつきません。
[PR]
by traku7 | 2006-12-30 02:36 | Morjens ふぃんらんど