何でもリトアニア from スウェーデン


by traku7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

年の瀬・バルト祭り

今日はバルト・インスティテュ-トのちょっとした忘年会でした。バルト祭りといいつつラトビア一色でしたが、それはそれで十分楽しめて、最初は顔を出して20分位で帰ろうかと思っていたのに、午前様直前の帰宅となってしまいました。

主催は教授達をはじめ先生方一同、参加者は学生、研究生合わせて15人くらい。バルト・インスティテュ-トの主任教授はラトビア人なので、用意してくださった料理もラトビア風でした。

まずは、ラトビア産の黒パンのスライスにまたまたバルト海でとれたラトビア産のSprat(ニシン属の小魚、リトアニア語ではšprotai)をのせたもので、このSpratが絶品で、スウェ-デン産の燻製サ-モンも色あせるほど美味しく、40切れくらいあったのがあっという間に無くなっていました。その他にも、パイ風ピロシキ、サラミ、ラトビアから直持込のキノコなどをラトビア産のCesuビ-ル(ラトビアの一都市Cesis産のビ-ル)のつまみに、ほろ酔いながらぱくぱく食べて、普段会うことのないラトビア学科や、バルト研究科の人たちとの交流をはかることが出来ました。

ああ、これを書いている今もまだあのSpratの歯ざわりと風味が忘れられない…
[PR]
by traku7 | 2005-12-06 23:59 | バルチックな薫り